ペット火葬についての料金と喪服の有無について

飼っているペットが亡くなったときに、やらなければいけない事は、ペットの亡骸を埋葬して見送ることです。ペットの埋葬方法として、ペット火葬petkasou-osaka.jpおすすめはひらかた動物霊園(大阪)という選択肢があります。

ペット火葬には合同葬、個別葬、お立合葬などの方法があります。
合同葬は、複数のペットをまとめて一緒に火葬する方法で、骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。

火葬料金はペットの大きさや体重が大きいほど高くなります。 個別葬は、個別に火葬を行う方法で、合同葬とは違い骨を拾うことができます。料金は合同葬に比べると高くなります。

お立合葬は、人間の火葬と同じように火葬場に行き、火葬したペットの骨を拾って持ち帰れます。料金は個別葬より高くなります。 ペットの種類は、犬や猫だけでなく、ハムスターやフェレットやウサギ、インコ、リスなども火葬することが出来ます。

服装については、必ずしも喪服でなければいけないということはなく、普段着で見送ることも可能です。


知っていますか?草木染めの事

草木染めとは、合成染料を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために作り出した呼称です。

天然の植物を植物染料として染める方法を「草木染め」といいます。

ほとんど全ての植物が天然染料として使用でき、野菜や果物の皮、黒豆の煮汁など家庭で生ゴミになってしまうような身近なものも使用できますので、

自宅でも楽しむことができます。ここではその草木染めが、綿や麻などの素材を使って自宅でできる方法を紹介します。


まず、染める糸と同量〜3倍の材料を用意し、大きな葉や茎を細かく刻みます。刻むことで煮出した時に色が出やすくなるためです。


次に鍋に糸の重さの約30倍の水と材料を入れ、水から煮出していきます。

沸騰したら20分程煮立て、ザルで染液をこします。染液を約40度まで冷ました後、糸を入れて再び60度位に熱したお湯で20分染めます。


染色したら、ぬるま湯で軽く洗い流します。

この状態でも色はついているのですが、焼きミョウバンを入れたお湯に30分ほど浸して、「媒染」という作業を行うと、色がしっかりと繊維に結びつきます。


この後また初めの手順で染色をし、洗濯機で軽く脱水、陰干しをして出来上がりです。

染色と媒染を繰り返すとより色が濃くなります。


簡単にできますので、ハンカチなどお子様と楽しんでもいいですね。